投稿日:

10~20代の若い女性に増加傾向にある性感染症

性感染症とはオーラルセックスも含む性行為によって感染する病気の総称です。

一般的なものに性器クラミジア、淋病、梅毒、膣トリコモナス症、カンジタ症、がありエイズも性感染症に該当します。

性感染症は医学の進歩に伴い先進国を中心に緩やかに減少傾向にあります。

しかし日本では10代、20代の若い世代の女性に限ってはむしろ増加傾向にあります。

 

なぜ性病が増加傾向にあるのか?

エイズのような極めて死亡率の高い性感染症は少なく、多くの性感染症は比較的症状が軽いために予防に対する意識が低くなりがちになり、若年層にはそういった傾向が顕著であるという点が指摘されています。

性感染症の代名詞ともいえるのがクラミジアと淋病です。

この二つの病気は女性が発症した場合は自覚症状が薄いという特徴があり、この無自覚症が感染を拡大させてしまっているケースは多いようです。

 

 一昔前の感染源は風俗街が中心でしたが、昨今はそれ以外の若い女性にも増加中

 

若年世代の女性に性感染症が広がりつつありますがその感染源は、いわゆる性風俗店に努めているセックスワーカーの女性が中心となっています。

ほとんどの風俗店は勤務する女性に月に一度の性感染症検査を義務付けていますが現実問題として月に一度の検査では完全に予防する事は難しいといえます。

それに加えて現在は一昔前と比べて若い世代を中心に性に対する意識が開放的になっている傾向にあり、初めて性交を経験する平均年齢も年々下がってきています。

そのためセックスワーカーに従事する女性だけでなく一般の生活を送っている若年層にも性感染症の発症リスクは高まってきているといえます。

 

 性感染症の検査は婦人科、もしくは産婦人科へ

 

性感染症は病気によって受診する科が変わってきますが女性の場合は婦人科、もしくは産婦人科で検査すればほぼ全ての性感染症を診断できます。

このため性感染症の検査は女性の場合は婦人科、男性の場合はとりあえず泌尿器科を受診するべきです。

出産経験のない、特に若い女性にとって産婦人科は少し抵抗があるかもしれませんが、産婦人科は大きくわけて妊娠出産を専門とする「産科」月経をはじめとする子宮や卵巣の病気を専門とする「婦人科」があります。

婦人科は10代の女性から閉経後の女性まで幅広く受診する医療科であるため10代の女性が受診しても全く違和感はありません。

まず受付で性感染症の検査を受けたいと伝えると非常にスムーズです。

【詳しく知りたい】女性が感染しやすい「性病/性感染症」の基礎知識